Performance
公演イベント情報
8/03 (土) 8/04 (日)
  • 主催公演
  • 演劇・ダンス
  • チケット発売中

『流れんな』

iaku
会場
メニコン シアターAoi
ACCESS
〇JR中央本線千種駅地下改札口方面、5番出口より徒歩4分
〇名古屋市営地下鉄、東山線:千種駅5番出口より徒歩4分
〇名古屋市営地下鉄 桜通線:車道駅4番出口出てすぐ左折。徒歩約7分
スケジュール
2024年
8月3日(土) 13:00 / 18:00★
8月4日(日) 13:00 (全3公演)

★=ポストトーク開催
本公演の作・演出の横山拓也(iaku)とゲストによる対談。
ゲスト: 3日(土)18:00回 平塚直隆 様(オイスターズ/劇作家・演出家・俳優)

チケット
発売日:
5月25日(土)午前10:00
料金 :
[日時指定・整理番号付き自由席]
一般4,500円
〈シアターAoiオープン1周年記念料金〉
U25(25歳以下)1,000円
障がい者割引2,000円
(全て前売・当日同料金)
チケット購入はこちらから(外部サイトへ移動します)

人気劇作家・横山拓也率いるiaku初期の代表作、10年ぶりにリクリエイション上演

PARCOプロデュース、新国立劇場、劇団俳優座などへの作品提供が続き、最新作『モモンバのくくり罠』が鶴屋南北戯曲賞を受賞した人気劇作家・演出家の横山拓也が代表を務めるiaku(いあく)。2013年に初演した『流れんな』を、10年ぶりにリクリエイションし上演します。2024年版では、演出を横山自身が手がけ、台詞を初演時の関西弁から広島弁に変えるのみならず、キャストも一新して新たな上演が立ち上がります。

『流れんな』あらすじ
小さな港町にある食堂とまりぎ。父が一人で切り盛りしている店をずっと手伝ってきた娘、長女の睦美(むつみ)と、結婚して家を出た妹、皐月(さつき)は一回り歳が離れている。母親が店のトイレで倒れたのは睦美が中学1年生のとき。そのとき、1歳にも満たなかった皐月には母親の記憶が無い。母の死から26年という長い年月が経った今、とまりぎは災難の渦中にいる。店でも使っている食材、地元で獲れた月日貝(つきひがい)から貝毒が見つかった。時を同じくして父が倒れ、店は休業を余儀なくされた。流すことができない苦悩を抱えた人々、その家族、店、町、海…。それでも、ここで生きていく。

アーティストプロフィール

iaku/写真

iaku

劇作家・横山拓也による大阪発の演劇ユニット。緻密な会話が螺旋階段を上がるようにじっくりと層を重ね、いつの間にか登場人物たちの葛藤に立ち会っているような感覚に陥る対話中心の劇を発表している。間口の広いエンタテインメントを意識しながら、大人の鑑賞に耐え得る作品づくり、繰り返しの上演が望まれる作品づくりを心掛け活動中。
代表作:「エダニク」(第15回日本劇作家協会新人戯曲賞)、「人の気も知らないで」(第1回せんだい短編戯曲賞大賞)、「逢いにいくの、雨だけど」(第26回OMS戯曲賞佳作)、「あつい胸さわぎ」(2023年1月まつむらしんご監督によって映画化)、「モモンバのくくり罠」(第27回鶴屋南北戯曲賞)、など。

横山拓也/写真

横山拓也

劇作家、演出家、iaku代表。1977年、大阪府生まれ。2012年に演劇ユニットiaku(いあく)を立ち上げる。鋭い観察眼と綿密な取材を元に、人間や題材を多面的に捉える作劇を心がけている。身近にある社会的な問題を取り上げながら、エンタテインメントとユーモアに富んだ会話劇に定評がある。「消耗しにくい演劇作品」を標榜し、精力的に再演を実施。『エダニク』で第15回日本劇作家協会新人戯曲賞、『ハイツブリが飛ぶのを』の脚本で第72回文化庁芸術祭賞新人賞、『モモンバのくくり罠』で第27回鶴屋南北戯曲賞受賞。また、世田谷パブリックシアター『う蝕』(演出:瀬戸山美咲)、モボ・モガ『多重露光』、劇団俳優座『猫、獅子になる』(共に演出:眞鍋卓嗣)、新国立劇場『夜明けの寄り鯨』(演出:大澤遊)、文学座『ジャンガリアン』(演出:松本祐子)など、iaku以外への作品提供も多数。iakuの舞台作品を原作とした小説「わがままな選択」(河出書房新社,2022)、「人の気も知らないで」(小説新潮2023年6月号)の出版や、映画「あつい胸さわぎ」(まつむらしんご監督,2023)が公開されるなど、幅広く活躍中。

キャスト・スタッフ

作・演出:横山拓也
出演:異儀田夏葉、今村裕次郎(小松台東)、近藤フク(ペンギンプルペイルパイルズ)、松尾敢太郎(劇団あはひ)、宮地綾

公演概要

プレイガイド

発売日:5月25日(土)午前10:00
●窓口販売:シアターAoi 事務室(受付時間 10:00〜17:00 ※休館日をのぞく)
●電話予約:052-938-7185
(予約から1週間以内に劇場事務所で引取・精算/受付時間 10:00〜17:00 ※休館日をのぞく)
メニコン シアターAoi WEB予約
● チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/iaku/


※ チケット購入後のキャンセル・変更・払戻はできません。
※ 購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。
※ ご入場はチケット券面に記載のある整理番号順でご案内いたします。
※ 未就学児童入場不可
※ U25チケットは、公演当日に年齢が確認できる身分証明書をご持参ください。
※ 障がい者割引は、障害者手帳等をお持ちの方がご購入いただけます。当日会場にて手帳等をご提示ください。介助が必要な場合、介助の方は1名様のみ無料です。(電話・窓口受付のみ対応)
※ 車椅子でのご来場、補助犬のご同伴をご希望の方は、お電話または窓口にてお申込みください。

スタッフ

舞台美術 : 柴田隆弘
照明 : 葛西健一
音楽 : 山根美和子
音響 : 星野大輔
音響オペ : 今里愛(Sugar Sound)
衣裳 : 今井由希
演出助手 : 朝倉エリ
舞台監督 : 青野守浩
宣伝美術 : 下元浩人(EIGHTYONE)
宣伝写真 : 井手勇貴
宣伝ヘアメイク : 田沢麻利子
制作協力 : 吉乃ルナ、中川拓也、三國谷花
ラインプロデューサー : 笠原希

クレジット

主催:公益財団法人メニコン芸術文化記念財団
後援:FM AICHI

ご来場にあたっての注意事項

・お車で来場の際は、近隣の有料駐車場へ自費負担のうえお止めいただきますようお願いいたします。
・敷地内のスペースについては、お体が不自由な方専用の駐車場と搬出入のスペースであり駐車についてはご遠慮願います。

お問い合わせ

公益財団法人メニコン芸術文化記念財団
Email:info-aoi@meniconart.or.jp
TEL:052-938-7185(受付時間: 10:00~17:00)*休館日をのぞく
FAX:052-982-9108